ながいき動物病院

NAGAIKI Veterinary Hospital

当院紹介

院長先生のご挨拶

獣医師 木庭 敏也

私が獣医師になりほぼ30年、我々人間とペットを取り巻く環境は大きく変わってまいりました。食事においては簡易性栄養性だけを考慮したペットフードが健康と伴に病気を起こしてしまうことがあり、現在ではその素材までもが問われる状況になりました。
 我々人間もペットをただかわいがるだけの対象ではなく、我々の仲間としてお互い得るもののある存在として生活を共にするようになりました。それに伴い獣医学も驚異的な発展をしてきております。少し前まで超音波診断機・ましてCTスキャンなどは人間でもめったにできる検査ではありませんでした。発展の一方で医学が本来の生命力を奪ってしまうこともあります。このような状況を踏まえてながいき動物病院ではペットを同じ生命して尊厳をもち飼主様の立場になり医学先行の治療ではなく心ある治療を飼主様と協力して行いたいと思っております。地球より大きな愛を込めて

プロフィール

昭和33年6月生まれ
麻布大学獣医学部獣医学科卒業
約10年の勤務医を経て先代の永井動物病院を引き継ぎ
2001年ながいき動物病院設立
2006年獣医臨床免疫医学研究会発足
公益社団法人東京都獣医師会会員
TRVA(東京城南地域獣医療推進協会 ) 理事
日本獣医疾病統計研究会 理事

当院の診療方針

予約制
当医院では、院内感染予防のため診察は予約制となっております。
定期的な細菌ウィルス検査
当医院では、院内施設の定期的な細菌検査とウィルスのDNA鑑定を行っており感染を防いでおります。
ニーズに合った治療
当医院では通院回数を増やす様な過剰診療や診療報酬を目的とした診療は行わずニーズに合った治療を心がけております。
最新医療の習得
最新治療を提供できるように勉強会、学会等への積極的参加や、人の医師と共に研究会等も行い腫瘍外科後の転移や再発予防、末期がん患者のQOLを高める為に、免疫療法を率先して行っております。
徹底した公衆衛生管理
人と動物が安全で健康に共存できるよう、公衆衛生の管理も行っております。

当院の免疫療法

免疫療法(他者白血球(リンパ球)輸注療法)
今日、我々獣医の世界にあっても悪性腫瘍(癌・肉腫)に対する治療はヒトと同じように、外科療法・放射線療法・化学療法の三大療法が中心に行なわれています。最近ではこれらに加えて免疫療法に注目が集まってきています。当院では、悪性腫瘍及びアトピー性皮膚炎などに対し積極的に免疫療法を行なっています。
他者白血球(リンパ球)輸注療法
輸注療法とは免疫を担当する細胞(主としてリンパ球)をガン患者に輸注しガンを治療するという療法です。患者本人の血液から免疫細胞を分離・培養・活性化し、再び患者に戻す輸注療法(LAK療法)が犬において行なわれてきました。  当院で行なっている輸注療法は主に同種(他者)の免疫細胞(白血球、主にリンパ球)を分離し、患者に輸注する療法です。  若い健康なリンパ球はガン細胞を認識する能力が高い。しかし輸注された同種(他者)リンパ球自体は患者体内にて数日で消失されてしまいます。  他者リンパ球輸注療法の特徴は、健康な他者リンパ球自体の殺ガン能に期待するものだけでなく、患者自身のリンパ球を刺激・活性化し免疫機構の正常化を目的とした療法です。(なぜなら免疫機構の乱れが発ガンをもたらしているからです。)他者の正常なリンパ球が患者の有する本来の腫瘍免疫機能を呼び起こし、ガン細胞の増殖抑制や再発防止の手助けをしてあげる治療です。化学療法や放射線療法との併用も可能です。  免疫機構の改善はアレルギー性疾患にも効果的です。

院内の様子



ながいき動物病院 住所 診療時間